ニュース

日本共産党・市民の声 新さかど

24年2月20日

2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月

2月20日 3月議会が始まりました

市長提出議案は、専決処分の承認1件、条例の一部改正・制定11件、人事案件3件、工事請負契約の変更契約等の締結2件、補正予算7件、当初予算9件の計33件です。市民の生活とくらしの向上をめざし、皆さんの声を市政に生かすためがんばります

2月10日 広域静苑組合議会で来年度予算など4議案

越生斎場を運営する広域静苑組合議会が開催され、24年度広域静苑組合一般会計予算、23年度補正予算、議員及び管理者・副管理者の報酬等に関する条例の一部改正の4議案とも全員賛成で認定されました。毛呂山町と鳩山町と越生町の定数が1名減となりました

2月1日 衛生組合議会で予算など6議案

衛生組合議会の予算議会で、2024年度坂戸地区衛生組合一般会計予算や坂戸地区衛生組合監査委員の選任など6議案の提出があり、全議案とも全議員の賛成で認定されました。主な修繕内容は、破砕ポンプ、第1し尿貯留、前処理機、管理棟給水配管です

1月20日 二十歳のつどいに780人

二十歳のつどいが、公民館や地域交流センターなどで開催されました。今年の新成人は前年より166人増の1,233人、式典には前年より59人増の780人が参加しました。新型コロナでの来賓制限を4年ぶりに通常に戻し、お祝いと激励のメッセージが贈られました

1月10日 4年ぶりに出初め式

消防車の写真:エンターすると大きくなります
ワカバウォークの屋外駐車場とイベント広場で開催された出初め式で、はしご乗り、祝い太鼓、中学校吹奏楽部の合同演奏、消防車との綱引き、坂戸高校書道部のパフォーマンス書道が行なわれ、3千人が来場しました

1月1日 医療費無償化!高校卒業まで実現へ

あらい議員の写真:エンターすると大きくなります
埼玉県の3分の2以上の市区町村で入院・通院や入院の高校卒業まで無償が実現しています。坂戸市は県内最低ランクです。あらい議員が高校卒業までの医療費の無償化を質し、進めていきたいとの答弁となりました

12月20日 議会最終日に追加2議案

12月坂戸市議会の開会日に国の補正予算を活用した追加の2023年度一般会計補正予算や国保条例の改正議案が提出され、可決されました。あらい議員が農業振興事業について総括質疑を行ない、 補助金の概要と交付実績、生産者支援臨時補助金を質しました

12月10日 12月議会に2議案追加

12月議会開会中の12月8日に開催された議会運営委員会で、執行部より国民健康保険税条例の改正、及び2023年度坂戸市一般会計補正予算の2議案の追加提案があり、12月13日の議会最終日に上程から議案の質疑、採決まで行なうことが決まりました

12月1日 高校卒業まで医療費無料を

県内33市町村が高校卒業まで通院も入院も無料、9市町が入院無料です。毛呂山町と狭山市が10月から、川越市も来年4月から通院も入院も無料です。坂戸市は中学卒業までで、大幅に遅れています。こども医療費支給制度の拡充について、あらい議員が質します

11月20日 12月議会が始まります

市長提出議案は、条例の一部改正9件、補正予算3件、指定管理者の指定4件です。一般質問は18名中11名から質問通告があり、日本共産党・市民の声ではあらい議員が質問します。市民の生活とくらしの向上をめざし、皆さんの声を市政に生かすためがんばります

11月10日 大谷川雨水ポンプ場完成見学会

大谷川雨水ポンプ場の写真:エンターすると大きくなります
大きな洪水被害がたびたび発生していたことで、排水ポンプ2台が整備されていた大谷川雨水ポンプ場の第二期工事が完成しました。今回の増設で、25メートルプールの水を23秒で排水できる能力を備えました

11月1日 坂戸市の自殺対策について

全国で3万人を超えていた自殺者は自殺対策基本法の成立以降減少傾向になっていたが小中学生などの若い層や女性の増加が報道され、最近の相談であらい議員が各機関を紹介するなどしたが残念な結果となったこともあり、市などの取り組みについて質しました

10月20日 外来植物防除対策について

鈴木議員が外来植物による生態系への影響と、特定外来生物のナガエツルノゲイトウが農業に及ぼす影響と駆除の進め方を質し、早期発見、早期防除を進めるため環境学館いずみでの外来植物に関する講座等、市民への周知を強化していくことを求めました

10月10日 9月議会で決算認定

新型コロナ関連対策、低所得者や農業者支援、新生児をはじめ学校給食費無償化等の子育て世帯支援など市民の暮らしを守る施策を、補正予算を含め対応した点などを評価し認定としました。「学校給食の無償化」では、市立以外も無償化相当分を助成となりました

10月1日 4年ぶりに民商まつり

さかど太鼓の写真:エンターすると大きくなります
よさこい、さかど太鼓やキッズダンスで盛り上がり、ジャズバンド、ギター演奏、猿回しが子供たちの人気を集めました。模擬店、キッチンカー、フリーマーケットも多数出店され、昼時には長い列が続きました

9月20日 4年ぶり!熱い戦い囲碁将棋

対局している写真:エンターすると大きくなります
コロナ禍で4年ぶりとなった「しんぶん赤旗全国囲碁・将棋大会(赤旗名人戦)西部地区大会」に、小学生から80代まで老若男女が参加、家族・友人の見守るなか囲碁27人、将棋38人の熱い戦いが繰り広げられました

9月10日 静苑組合22年度決算議会の報告

広域静苑組合「越生斎場」議会で、2022年度広域静苑組合一般会計歳入・歳出決算認定が審議され、全議員の賛成で認定されました。また、7月に行なわれた越生町の町議選の結果議長が不在となっていたため議長選挙が行なわれ、池田かつ子議員が選出されました

9月1日 9月議会が始まりました

市長提出議案は、決算認定9件、条例の一部改正・制定2件、補正予算3件の計14件、人権擁護委員候補者推薦の件です。市政一般質問は19名の議員中11名が通告しています。市民の生活とくらしの向上をめざし、皆さんの声を市政に生かすためがんばります

8月20日 4年ぶりに戦争展

平和のための戦争展の写真:エンターすると大きくなります
新型コロナで中止していた平和のための戦争展が4年ぶりに開催され、二度と戦争を繰り返さないために、戦争の悲惨さ、命の尊さ、平和の大切さについて考えてるきっかけになればと、大勢の市民が立ち寄りました

8月10日 坂戸地区衛生組合の議会報告

坂戸地区衛生組合議会定例会で、2022年度一般会計決算認定と監査委員の選任が審議され、全議員の賛成で認定・同意されました。また、鶴ヶ島市の大曾根議員が副議長に選任され、鶴ヶ島市、毛呂山町、鳩山町、越生町の議員が改選になりました

8月1日 坂戸消防署東分署の建設工事説明会

東分署の完成予定図:エンターすると大きくなります
2019年の台風19号で浸水被害にあった東坂戸団地の坂戸消防署東分署の具体的な建設工事計画が決まり、坂戸消防署東分署建設工事に関する説明会で、施設の概要と建設工事計画及び日程など詳しい説明がありました

7月10日 PTAについて

PTAは保護者と教職員が協力しながら子どもたちの成長をサポートすることが目的とされています。保護者や教職員の意見や提案に寄り添い対応するため、情報提供と情報の共有が重要です。鈴木議員がPTAの課題に対する考えを質しました

7月1日 新型コロナの取組について

5月から感染者や濃厚接触者への外出自粛の要請や保健所による健康観察がなくなり病院での治療に自己負担が生じるなど、市民の不安は解消していません、市民が安心して暮らせるよう、これまでの市の取り組みと今後の対応について、あらい議員が質しました

6月20日 広域静苑組合が臨時議会

統一地方選後初の広域静苑組合「越生斎場」の臨時議会に提出された議案は「広域静苑組合監査委員(毛呂山町選出)の選任について」の1件で、全議員賛成で可決されました。また、鶴ヶ島市、毛呂山町、鳩山町での選挙結果を受け、副議長が改選されました

6月10日 補正予算にワクチン接種や特別給付金

6月議会で計上された主な議案と主な事業は、新型コロナワクチン接種の継続、住民税非課税世帯に3万円支給、低所得の子育て世帯に1人当たり5万円支給、照明設備のLEDに係る補助、畜産事業者に飼料代補助、自転車乗車用ヘルメット購入費補助となります

6月1日 6月議会が始まりました

6月議会の市長提出議案は、専決処分の承認5件、条例の一部改正3件、補正予算2件の計5件です。市政一般質問は、19人の議員のうち10人の議員が質問通告をしています。市民の生活とくらしの向上をめざし、皆さんの声を市政に生かすためがんばります

5月20日 期待を胸に入学式

入学式の看板の写真:エンターすると大きくなります
小・中学校で2023年度入学式が行なわれ、小学校729名、中学校826名、計1555人が入学しました。今年は学校でのマスク着用ルールが緩和されるなかでしたが、地域代表、市議などの来賓は無しで行なわれました

5月10日 集中豪雨や大雨時の内水対策について

傘を差している写真:エンターすると大きくなります
大きな被害を与えた2019年の台風19号から3年、昨年7月の大雨で排水ポンプが稼働したにも関わらず床下浸水が発生しました。今後の災害に備え、3月議会であらい議員が集中豪雨や大雨時の内水対策を問しました

5月1日 学校給食無償化実現! 3月議会の詳細報告

日本共産党が長年に渡り取り組んできた学校給食無償化が3月議会で盛り込まれました。さかっちバス・ワゴン無料が妊婦に拡大され、マタニティータクシーも充実しました。福祉タクシーが2枚利用に、自転車ヘルメットの購入費補助も使いやすくなりました

4月20日 災害対応を見据えた公共施設の環境整備について

屋内運動場の空調設備の整備は、避難所の環境改善にもつながる重要な問題です。3月議会で鈴木議員が、屋内運動場の現在の環境整備、西部11市のエアコンの設置状況、鶴ヶ島市の整備内容、災害対応に向けた公共施設の今後の環境整備の考えを質しました

4月10日 消防署東分署が中小坂に

東分署の写真:エンターすると大きくなります
消防組合議会で、4年前の台風19号で1階が浸水した東坂戸団地内の坂戸消防署東分署が、来年9月に中小坂の県道片柳川越線沿いのセブンイレブン南方に移転予定となりました。7月頃から、工事が始まります

4月1日 コロナ禍4年目の卒業式

卒業生のイラスト:エンターすると大きくなります
小中学校の卒業式で、1,663人が巣立ちました。各校ともコロナ対策に工夫して行なわれました。満開間近の桜の下で写真を撮る風景があちこちで見受けられました。末広幼稚園最後の卒園式で17名が卒園しました

3月20日 消防議会で23年度予算など9議案

坂戸・鶴ヶ島消防議会で2023年度予算など9議案が認定されました。坂戸消防署東分署移転、指令業務の広域化、高規格救急車と資機材車・ポンプ車、感染症対策資器材、タブレット導入などが計上され、タブレット導入の効果について質疑を行ないました

3月10日 予算案に給食費無料

3月議会で施政方針が示され、2023年度一般会計当初予算を初めとした市長提出議案の説明がありました。予算総額は322億5,700万円で、前年度比4%増、埼玉県内の市では初めて小・中学校の給食費が全額補助となり無料化が実現します

3月1日 3月議会の市政一般質問

19人の議員中8人が質問通告をしています。鈴木議員は「災害対応を見据えた公共施設の環境整備について」、あらい議員は「集中豪雨及び大雨の対策について」質します。インターネットでのライブ中継及び録画中継も行なっています

2月20日 3月議会が始まります

3月議会が2月20日から3月15日まで開催されます。市長提出議案は、条例の一部改正7件、人事案件3件、工事請負契約の締結1件、補正予算7件、当初予算9件です。市民の生活とくらしの向上をめざし、皆さんの声を市政に生かすためがんばります

2月10日 衛生組合議会23年度予算など審議

坂戸地区衛生組合議会が開催され、2023年度坂戸地区衛生組合一般会計予算を定める件、各種の条例改正、議員提出議案の衛生組合議会の個人情報の保護に関する条例制定の件など8議案について審議され、全議案とも全議員の賛成で認定されました

2月1日 静苑議会23年度予算など審議

23年度一般会計予算をはじめ、22年度補正予算、条例の一部改正、個人情報保護に関する条例制定など8議案について審議し、全員賛成で認定されました。23年度に行なわれる毛呂山町・鳩山町、越生町の町議選挙後に、各町の議員定数が18人から15人となります

1月25日 自転車の安全利用促進について

自転車のイラスト:エンターすると大きくなります
「子供はヘルメットを着用」が全年齢となったことで、現在のヘルメット購入補助を全年齢を対象にした制度とするよう求め、「交通事故被害軽減に効果があることから検討する」との前向きな答弁がありました

1月20日 農業支援は待ったなし

三芳野耕地の写真:エンターすると大きくなります
気象変動やロシアのウクライナ侵略で、食料や飼料の供給が思うように進まず、日本の食料自給率は40%以下と過去最低水準です。国・県・坂戸市が協力して農業を支えることが重要と、あらい議員が質しました

1月15日 感染急増のなか成人のつどい

案内看板の写真:エンターすると大きくなります
新型コロナ感染急増のなか「坂戸市二十歳のつどい」が、検温やマスク着用など感染防止策を講じ、来賓を制限、式典時間も縮小して開催されました。今年の対象者は前年比41人減の1,066人で、721人が出席しました

1月10日 新春随想

伊藤議員の写真:エンターすると大きくなります
塩川衆院議員が統一協会問題を追及する『政治の闇を正すとき』、伊藤参院議員が大軍拡のための増税と福祉切り捨てから『働く現場、暮らしを守り抜く』。岩渕参院議員から『原発回帰許さない』が寄せられました

1月5日 12月議会報告

市長提出議案18件、請願2件、議員提出議案1件が可決され、中学校施設整備、出産準備金、路線バス等の価格高騰に対する支援など緊急を要する経費が予算化されました。「消費税のインボイス制度実施中止の意見書を国に提出する請願」は否決されました

1月1日 2023年 平和と暮らしを守る年に

初日の出の写真:エンターすると大きくなります
長期にわたるコロナ拡大、ロシアのウクライナ侵略、市民生活を直撃する物価高騰、今年も誰もが安心して暮らせる社会をめざし、皆さんと力を合わせて頑張ります。春には統一地方選、ご支援ご協力をお願いします

トップページへ  サイトマップ  ページの先頭へ  ひとつ前へ

坂戸市役所「日本共産党・市民の声」議員控え室 電話 049-283-1331(内線)629