ニュース

日本共産党坂戸市議団 新さかど

20年1月21日

住みよい坂戸市アンケートにご協力を!

2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年

1月

1月21日 消費税でタクシー需要減 生活破壊招く アベ政治にモノ申す(8)

宮坂裕之さんの写真:クリックすると大きくなります
二度の消費税増税の影響をまともに受け、売り上げは下降の一途です。需要減がそのまま所得の減少に結びつき、元々の低賃金にさらに追い討ちをかけています。生活が、徹底的に破壊されようとしています

1月18日 あさばの読者会 伊豆へ

参加した皆さんの写真:クリックすると大きくなります
輝く海原を見晴らし“湯ったり”至福の時間が流れます。青い空と太陽を反射する海の美しさ。それと対極のアベ政治の醜さに会話が弾む中、前後左右に七変化する富士の雄姿に歓声が沸きました

1月15日 [投稿]避難所の運営は三位一体で

避難所の写真:クリックすると大きくなります
避難者用サロンや更衣室、面会室や談話室の設置と多忙を極めました。全域に避難所の場合、市職員も被災者、スタッフ不足は明らかです。今回を教訓に、行政と市民、自主防災組織が協力し合い次に備えるべきです

1月12日 『ザ・思いやり2』に真実を見た

バクレー監督の写真:クリックすると大きくなります
母親大会で、『ザ・思いやりパート2』を上映。辺野古基地建設と米軍基地経費負担で1兆円! オスプレイや戦闘機の購入経費で被災地復興が進むのにと怒り心頭に。国民が真実を知ることが何より大事と思いました

1月9日 政倫審 審査請求事由への反論書

今回の給食調理室への調査は、まさしく市民の代表として、労働環境的にも老朽化の面でも問題のある給食調理室を調査し、一般質問で取り上げた、議員としての責務を果たすための調査であり、議員として品位や名誉を損なうおそれのある行為でないと判断します

1月6日 住民に寄り添うとは?

トラックの写真:クリックすると大きくなります
台風19号での避難所や排水ポンプ車を確認にまわり、満杯の避難所を視察、床上浸水の状況を調査。軽トラで罹災証明書用紙を配りながら、災害ゴミ集めと運搬を支援。どんな形で支援ができるのか悩んでいます

1月3日 吉見百穴のそばに 日韓問題に思うこと(2)

百穴のそばのトンネルのような穴を掘るにも、朝鮮人がたくさん参加していたのですが、風呂に入れてもらえず、川で体を洗っていたといいます。今は人権も考える時代ですが、朝鮮人を低く見る人もいるのですから、人が平等になるのは難しいことです

1月1日 新しい年2020年 市民のための政治めざし

坂戸市議団の写真:クリックすると大きくなります
国政では、桜を見る会、消費税10%など、安倍政権に怒りが噴出。坂戸市では、大水害への対応に追われるなか、政倫審で「辞職勧告」。坂戸市議団は今年も「住民こそ主人公」の立場で、市民の暮らしを守ります

トップページへ  サイトマップ  ページの先頭へ  ひとつ前へ

坂戸市議団 info@jcp-sakado.net 電話 049-283-1331(内線)629  坂戸市委員会 電話 049-283-0318 FAX 049-283-0361