トップ 政策 ニュース 市議団 予定 リンク

くらし守る政治、全力で!

大激戦のなか全員当選!

12年4月16日

 5人はみだしの大激戦となった15日投開票の坂戸市議選(定数22)で、日本共産党の吉岡しげき(現)大山しげる(現)あらい文雄(現)鈴木ともゆき(現)の4候補は、そろって当選を決めました。市長選挙では、新人の石川きよし氏が、伊利ひとし氏(現)を破り当選しました。

当選バンザイの写真:クリックすると大きくなります
(写真をクリックすると大きくなります)

 今度の市議選は、国の冷たい政治に多くの市民が生活の不安を訴えるなか、市民のくらしを守るのはどの党、どの候補かが問われる選挙となりました。日本共産党は、この間、大幅に引き上げられた下水道料金や国保税の引き下げなど、くらしを守る政策を掲げ、全力で訴え抜き共感を広げました。

吉岡議員の写真 大山議員の写真 新井議員の写真 鈴木議員の写真

 民主党野田政権が消費税の10%引き上げや社会保障改悪に動くなか、日本共産党は、悪政に立ち向かい、皆さんの期待に応えるため全力をつくす決意です。引き続きご支援をお願いします。

日本共産党坂戸市委員会

市議選結果(小数点以下は四捨五入)

あらい議員と皆さんの写真:クリックすると大きくなります
(写真をクリックすると大きくなります)

市長選結果
候補者
得票
石川きよし
23,177
伊利ひとし
17,412

前に戻る

トップ 政策 ニュース 市議団 予定 リンク