美智子皇后

伊藤岳さん8度目の正直

19年7月27日

日本共産党 21年ぶり議席獲得

 6年半に及ぶ安倍政治に国民が審判をくだす第25回参議院選挙が7月21日(日曜日)に投開票され、日本共産党は埼玉選挙区(改選数4)で伊藤岳候補が初当選しました。(写真をクリックすると大きくなります)

伊藤岳さんの写真:クリックすると大きくなります

 国政選挙出馬8度目での勝利に、市民から「悲願がかなって良かった。おめでとう!」と祝福の声が相次ぎました。ご支持・ご支援に心から感謝申し上げます。

 埼玉選挙区では1998年の富樫練三さん以来、21年ぶりの快挙です。一方で共産党全体では比例・選挙区合わせて7議席にとどまり、改選議席を1議席下回る結果となりました。

 自民、公明は改選議席124の過半数を得ましたが、有権者は維新を含めた改憲勢力に、国会発議に必要な3分の2の議席を与えませんでした。

小池書記局長と伊藤候補の写真:クリックすると大きくなります  伊藤候補と不破前議長の写真:クリックすると大きくなります

 日本共産党が「本気の共闘」に力を注いだ「市民と野党の共闘」候補は全国32の1人区で10議席を獲得。前回に匹敵する結果は、来たる衆院選勝利に向けての橋頭堡に。

主な候補者の得票結果(埼玉選挙区の坂戸市分)
当選 伊藤 岳 日本共産党 4,907票 12.87%
当選 古川俊治 自由民主党 11,007票 28.88%
当選 矢倉克夫 公明党 7,649票 20.07%
当選 熊谷裕人 立憲民主党 7,404票 19.43%
次点 宍戸千絵 国民民主党 2,977票 7.81%
沢田 良 日本維新の会 2,654票 6.96%

 日本共産党はこの選挙戦で「減り続ける年金か、減らない年金か」「消費税増税の強行か、消費税に頼らない道か」「9条改憲で血を流してたたかう自衛隊にするのか、9条を生かした平和外交の日本か」などを掲げ、希望ある新しい政治をつくる選挙として闘いました。

 私たちは、公約実現と主体的な自力をつけて、来春の坂戸市議選と次の総選挙勝利を目指し奮闘する決意です。皆さんのご支援、ご協力をよろしくお願いします。

 

日本共産党坂戸市委員会

トップページへ  サイトマップ  ページの先頭へ  ひとつ前へ

坂戸市議団 info@jcp-sakado.net 電話 049-283-1331(内線)629  坂戸市委員会 電話 049-283-0318 FAX 049-283-0361