持論堂々と語ろう

日本共産党坂戸市議団 新さかど

19年7月21日

アベ政治にモノ申す(4)

 ウソ、偽装、隠ぺい、強権、爆買い…。今やアベ政治の代名詞。この政権は反対語を知りません。怒り、諭し、嘆く。どんなことでもアベ政治に腹の底からの声をぶつけるコーナーです。題して「アベ政治にモノ申す」。市民の生の声をお寄せください。

緑町 木村勝寛さん

 私はもともと保守の人間です。良識を持った保守の政治家の言動も見つめてきました。しかし安倍政治には保守の持つ見識も良識も皆無です。こういう政治が6年も続くのは情けない限りです。

木村勝寛さんの写真

 私は82歳。今年に入って週に2回送迎付きでデイケア施設に通っています。皆さんが親切でその日がとても楽しみです。人が好きで、傍らに人がいれば語り掛けたくなり、それを実行しています。この施設に通所する同年代の方々のほとんどが応えてくれます。

 「戦争をする国にしてはいけない。安倍政治がこのまま進めば大変なことになる。軍事費が増えて社会保障が減らされている。選挙で安倍政治をやめさせよう」というのが私の持論。8割の方がうなずきます。誰に遠慮することはありません。戦時の苦しさを体験している我々の年代は「戦争だけは絶対にダメだ」ともっと語るべきだと思っています。身体は故障が目立ちますが、頭と口はそれなりに健康です。

 社会をしっかりと見つめ、発言する。私の健康法です。私のような主張する高齢者が増えれば安倍政治をやめさせ、戦争できる国にさせない大きな力になると思っています。

トップページへ  サイトマップ  ページの先頭へ  ひとつ前へ

坂戸市議団 info@jcp-sakado.net 電話 049-283-1331(内線)629  坂戸市委員会 電話 049-283-0318 FAX 049-283-0361