「議会評価」つまみ食いに怒り

日本共産党坂戸市議団 新さかど

17年11月24日

 私は、9月議会の怒りが未だに続いています。

 坂戸市議会は定期的(9月の決算議会時)に坂戸市の各事業の評価を行なっていますが、2015年度(平成27年度)に「老人福祉センター」がその対象になりました。

 当事業に対する議会の評価結果は、「現状のまま継続する」(無料のまま継続)というものでした。そして、補足意見として「受益者負担(有料化)との意見もある」と記されていました。

 しかし、市は、今回の提案当たって議会評価の個別意見である、補足意見のみを採用して有料化の理由(質疑の説明)にしたのです。

 市の各事業は、市独自の考えや判断があるのは当然です。しかし、今回は議会評価が既に提出されているわけですから、評価結論を尊重すべきです。その評価の「補足」部分だけを取り出し有料化の理由とすることは、議会軽視であり、議会は「抗議、撤回」を求めるべきものと考えます。

 ところが、「有料化」に賛成討論を行なった議員自身が、補足意見を議会の評価だとしているのです。

 全く論外です。私の怒りの元はここです。「事業評価」のあり方そのものが問われるものと考えます。

吉岡しげき議員

トップページへ  サイトマップ  ページの先頭へ  ひとつ前へ

坂戸市議団 info@jcp-sakado.net 電話 049-283-1331(内線)629  坂戸市委員会 電話 049-283-0318 FAX 049-283-0361