車券売場視察 住民に希望者なく

日本共産党坂戸市議団 新さかど

17年7月27日

 片柳に計画されている競輪場外車券売り場建設問題で、事業者と仲介の不動産会社が6月18日(日曜日)、片柳の住民にギャンブル施設を理解してもらおうと、群馬県の競輪場外車券売場「サテライト前橋」の視察を計画しましたが、希望者はなく失敗に終わったようです。

 同日「中止を求める会」は、片柳、石井地域で宣伝カーとハンドマイクを組み合わせ、チラシを配布しながらの行動を展開。20人を超える人が参加しました。途中、「市に金が入るのになぜ反対するのだ」と激しい調子で寄ってきた人がいましたが、「金で魂を売る」ようなことはできないのは明らかです。

 6月議会市政一般質問では、施設建設の同意が必要な町内会の範囲は当施設から1キロ以内。石井、塚越、芦山、薬師、鎌倉、第一住宅の町内会等まで拡大されます。片柳地区等の狭い地区の同意だけではないことが明らかになりました。

 事業者にとってはハードルが高いということです。市内全域の皆さんと力を合わせ、計画を中止させましょう。

吉岡しげき議員

トップページへ  サイトマップ  ページの先頭へ  ひとつ前へ

坂戸市議団 info@jcp-sakado.net 電話 049-283-1331(内線)629  坂戸市委員会 電話 049-283-0318 FAX 049-283-0361